inigo 4

プレーモデルvs教材としての「プレー」後編

この記事は前回記事プレーモデルvs教材としての「プレー」前編の続きです。

前編はこちら

グローバルな基本戦術として以下の内容をまとめておきましょう。

1プレーに必要なカタチ

ポジショニングは秩序を与えてくれるものです。それはつまり、プレーのスペースにおける選手の役割分担とも言えます。

4つの役割:

-サポート:プレーをスタートさせたり、「前方から」プレーの選択肢を作り出す。

-幅:幅を取ることでボールを前進させることを可能にし、相手のポジショニングを広げることができる。

-中のプレー:プレーのハブ的存在。そこから多くの選手とつながることができる。

-深み:相手コートでのプレーを可能にし、ボール保持者に長いパスのコースを与えることができ、フィニッシュにもつながる。

2攻撃

相手ゴール方向へと前進していくことを指します。

攻撃においてはアドバンテージを得るために、相手の守備のバランスを崩すことが重要です。そのために外中遠く近くの原則や、運ぶドリブル、トライアングル、フリーの味方を作るための距離感の調整などを使って崩していきます。

一度アドバンテージを作ったらそれを使うためにプレーのスピードをチェンジします。もし初めから相手ディフェンスの背後が空いているのであれば、そのアドバンテージを使うというのがセオリーです。

3守備

相手がフリーになることを防いだり、ボールを持つ時間を減らす、ミスを引き起こすことが守備の原則です。基本的な考えは、自チームの選手の密度が高い場所に相手を誘導していくことです。そうして数的優位もしくは同数の方向へと相手の攻撃を方向付けしていきます。

ワイドの選手は相手に優位性を作らせないために、基本的にはゴールがある中央を締めましょう

4トランジション

奪った瞬間は相手の最初のプレッシングからボールを遠ざけ、可能な場合は基本的に前方へのプレーを選択します。

失った瞬間は相手の出口を消し、ボールホルダーにプレッシングをかけてパスコースを閉じていきます。

5エリア

攻守両面において、スペースを埋めることと優先順位を明確にすることが重要です。

-完璧な守備を行うことができないことを念頭に攻撃の優先順位を設定する。

-攻守両面において、ボールを先に相手に触られた場合何をするべきか。

-より重要なスペースがどこか。

-エリア内での積極的なプレー。

-攻守両面におけるセカンドプレーへの準備。

6刺激

プレーしている時に、私たちが注目しなければいけない刺激があり、それが判断をするための情報を与えてくれます。とあるスペイン人指導者が言っていました、「サッカーはプレースタイルのゲームではなく、刺激のゲームだ」と。

ここで刺激とは相手、ボール、スペース、味方のことを指します。

自チームのコンセプトについての上記の基準や原則が決まったら、次はそれをピッチで統一していきます。

これらの原則を共有していることで、様々なプレーの状況に応じて、選手たちが意識を向けて欲しいものを修正したり強化することができます。つまり勉強のように頭で覚えるのではなく、プレーしながら身体で覚えていくということです。

オープンなメニューである故、指導者はしっかりとした考察を備えて臨まなくてはいけません。多くの選手がそれぞれ判断を下しながら行動を起こしています。

オープンなトレーニングの中で動きを観察して指摘するのは、1つの目的や状況のトレーニングをするよりも、より複雑な作業になります。

そのためオープンなトレーニングメニューをする時は現れる現象について予め準備しておかなければいけません。

とは言うものの、多くの場合、前もって準備していなかったもの、予想していなかったものの中から価値のあるものが生まれることもあります。

そこ(オープンな状況)には、選手間の相互関係が存在します。同様にオープンなメニューでは、予想外の状況が生まれやすくなります。こう言った状況下でのメニューでは、往々にして、選手やチームはより豊さを享受することができます。

さらに詳細は後日販売予定のビデオで解説していきます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

サッカー指導者

イニゴ・ロペス

Comments