futbola1819(0)

フッボラの新シーズンがスタートしました!

こんにちは。フッボラの岡崎篤です。日本ではお盆が終わり、もう秋の気配を感じ始めている頃ではないでしょうか。ワールドカップがもう遠い過去のように感じます。僕もスペインに戻り、リーグの開幕に向け選手達と日々練習に励んでいます。

欧州サッカーシーンは完全に新たなシーズンに突入しました。まずはプロレベルから。例年プレミアリーグは他のどのリーグより一週早く開幕します。この週末だけは世界中のサッカー人が意識がイングランドに集中します。僕たちフッボラも例に漏れずここぞとばかりプレミアを沢山観ました(笑)。シティは期待を裏切らず開幕戦は強烈なインパクトを残しました。リバプールには大きな変化はありません。トッテナムに関してはまさかの移籍市場への完全ノータッチ。プロサッカー界でこんなこともあるんですね、びっくりしました。サッリ監督の新チェルシーはこれからが楽しみですが、ウナイ・エメリ監督の新アーセナルはちょっと心配ですね。スペインスーパーカップではセビージャとバルサが対戦しましたが「・・・」な内容。UEFAスーパーカップのレアル対アトレチコは非常にオープンなゲームになりました。レアルの選手達の油断と不真面目さにサッカーの神様がそっぽを向いてしまったようでした。futbola1819(1)そして今週はリーガが開幕。乾選手がベティスでデビューを果たしましたね!昨年までとは違ったポジションで、違ったサッカーを表現しようとしていました。ベニート・ビジャマリンスタジアムの雰囲気は相変わらず強烈。初戦からセティエン監督の魅力的なサッカーが炸裂しましたね。ただレバンテのエース・モラレスによる歴史的なゴールが決まったことも相まってまさかの0-3の敗戦。ベティス関係者はバケツで氷水を浴びたような心地だったことでしょう。スペインサッカーの若き至宝ミケル・メリーノを獲得した新生レアル・ソシエダ。アシエル・ガリターノを新たな指揮官として迎えたアウェー戦では単調なサッカーを披露。中盤を4枚並べた興味深いプランニングで楽しみにしていたので残念でした。ビジャレアルには魔法使いサンティ・カソルラが帰ってきました。心配なのはエイバルです。昨年とほぼ同じメンバーで臨んだチームメンディリバルはリーガ1年生ウエスカをホームに迎えまさかの敗退。主将ダニ・ガルシアと乾選手の抜けた穴は意外と大きいかも知れません。それにしてもウエスカの9番でコロンビアの次世代のエース、クチョ(19歳)は素晴らしいリーガデビューを果たしました。これからが楽しみです。良いニュースと言えばアスレチック・ビルバオ。あのマルセロ・ビエルサ氏の一番弟子ベリッソ監督により世代交代も含め完全に生まれ変わりを狙っています。若いですし、新しいです。前半は観ていた人は皆釘付けにされたと思います。ここでも19歳のデビューです。センターバックのノラスコアイン。ゴールも決めました。今週はブンデスリーガが開幕。もう全部始まりますよー!

というわけで、フッボラの話もしましょう。

イニゴ・ロペス:Dアラベスに移籍futbola1819(2)

まずイニゴ・ロペスについて。今年からスペイン1部リーグにトップチームを抱えるディポルティーボ・アラベスに移籍しました。所属するチームはU19チーム、JuvenilAです。ユース年代の最高峰División De Honorで第二監督を務めています。世間の感想としては「ついに動いたか」と言ったものでしょうか。昨季はU19とU12、その前はU17とU11、その前はU16とずーっとアスカルチャで活動してきたイニゴ。勿論これまでもずっと色んなクラブから話があったのですが彼はずっとアスカルチャから動きませんでした。ただ今回は「もっと色んなものが見たい」という気持ちが強まり今回の移籍が実現したそうです。またこれまでずっと第一監督という責任が集中する立場で現場に立っていましたが、今年は少し一歩引いた立場からどちらかというとインプットにより力を注ぎたいとのこと。日本語という言葉の壁がある関係でなかなかイニゴの頭の中を紹介できていないのが残念なところです。今季はもう少しみなさんにお届けできるように頑張りたいと思います。何度か書いていますが彼は僕がスペインでこれまで出会ってきた全てのカテゴリーのサッカー指導者の中で最も優秀なサッカー指導者の1人です。

岡崎篤:U16最高峰リーグでチャレンジfutbola1819(3)

僕の方は昨季に続き、サッカークラブSDデウストで活動しています。昨年と同様U16チームの責任者を任せて頂くことになりました。昨年一緒に活動した選手達との話はコラム「スペインでチームを率いる」で紹介させていただいていました。彼らと共にリーグ昇格を果たし、今季はU16最高峰リーグで戦います。ただ選手達は一新されます。あの選手達は1人の除き皆U19カテゴリーに進級します。ですので僕はまた新たに全く新しいメンバーと新たなチームを作っている最中です。一ヶ月の準備期間を終えるとリーグが開幕します。僕たちは昇格したてのチームということで目標は「なんとしても残留」。クラブがこのリーグに定着する為の第一歩を築けるかどうかが問われます。また引き続きコラムにいて活動内容を紹介していきたいと思います。

アスカルチャ・プロジェクトfutbola1819(4)

ん?アスカルチャはどうなったの?と僕たちの事を知られる方は聞いて下さりそうです。アスカルチャからは僕たちは離れません。フッボラはアスカルチャと共に歩みを続けます。こちらもしっかりプロジェクトが進んでいます。今季イニゴはアスカルチャの育成部門ダイレクターに就任しました。Dアラベスでの活動と両立しながらになりますが、自分が育ったクラブが更によくなる為に空いた時間を使ってアスカルチャに足を運ぶそうです。僕は昨年に引き続き同じチームの子達(05年生まれ)と活動します。今季でこの子達とは4年目のシーズンになります。またクラブ内で指導者養成にも力を入れています。僕たちが指導してきた選手達が着々と指導者の道に進みつつあり、各学年任されて経験を積んでいる最中です。また経営陣にも大きな改革が。僕たちが4年前に率いていたアスカルチャ社会人チームの選手達であり僕たちの仲間の数人がクラブの会長・幹部に就任しました。40年近くに及ぶ長い期間クラブの経営をされてきた先輩達が引退するタイミングで手を挙げたのが僕たちでした。アスカルチャ出身の選手(イニゴ・コルドバ)が今年アスレチックビルバオトップチームに登録され、開幕戦にも出場しました。アスカルチャはイニゴがジュニア年代から所属しているクラブです。またアスカルチャは8年前僕に最初にチームを任せてくれたクラブです。そんなフッボラにとって特別なサッカークラブ、アスカルチャでは今、新しいプロジェクトが進んでいます。

というわけで、今季もフッボラをよろしくお願いします!

Comments