学びが生まれる場所 〜アスレチック・ビルバオをモデルケースに〜(前編)


この夏日本にて行いましたフッボラ講習会2016の内容を基にしたビデオ(前編)をオンラインにて販売開始致しました。

学びが生まれる場所 〜アスレチック・ビルバオをモデルケースに〜 (前編)

講師

マリア・ルイス デ オニャ アスレチック・ビルバオ人間開発部門ディレクター

maria

内容

「受講された方には種を持って帰ってもらいたい。そしてそれぞれの現場でその種を蒔き、出た芽をその地に合わせて育てていって欲しい。」というのは講師マリアの言葉。講習はマリアが20年に及ぶアスレチック・ビルバオでの実例を紹介することからスタートします。彼女の経験やそれらの中で醸成されていった知識に触れながら、学びが生まれる環境とはどんな空間なのかについて話が進んでいきます。

扱われたトピックス例

・サッカーにおける学びとは何のか。そしてそれはどこでどのように生まれるのか。

・サッカー選手が持つ自信とはどんなものであるべきなのか。それらがどう作られていくのか。その過程で指導者に求められることは何なのか。

・学びが生まれる環境作りができる指導者とそうでない指導者とではどんな違いがあるのか。etc

ビデオへはこちらから↓

 

Comments