entrenadoresentxakolisimon

指導者合宿 〜1日の活動例〜

講習会 〜Aビルバオ地域育成プロジェクト〜

昨年度の実施した指導者合宿ではランデル・エルナンデス氏による講習会を実施しました。10年以上アスレチック・ビルバオの育成部門で勤務する講師は現在「地域育成プロジェクト」のディレクターを務めています。このプロジェクトではAビルバオのお膝元であるビスカヤ県内全域の指導環境を高めるべく25人のスタッフがエリアを分けて日々活動しています。Lander Charla地元の人間だけでチームを構成するという哲学を掲げる同クラブにとってトップチームの強化と下部組織における育成が限りなく同じ意味を持っています。彼らにとって育成が “唯一”なんですね。そんな同クラブにとっては自分たちだけでなく県内の街クラブが如何に良い指導者を抱えているかは死活問題です。レサマ(Aビルバオ下部組織の呼称)に新しくスカウトされてきた選手たちがそれまでにできるだけ質の高い教育を受けることができているかが重要になってきます。そこで大きな役割を果たすのがこの地域育成プロジェクト。本講習会では2時間にわたり本プロジェクトについての紹介とそれに関する質疑応答が行われました。

レサマ訪問 〜世界で2番目に古い総合練習場〜Visitalezama

その後レサマを訪問。ACミランに続いてヨーロッパで2番目に古い総合練習場がこのアスレチック・ビルバオの施設です。郊外の周りは牧場に囲まれた落ち着いた村Lezamaにあるこの施設をさっきまで講義をしてくれていたランデル氏に案内してもらいます。今度はロッカールーム、スタッフルーム、メディカル分野のルーム、自習室etcを一緒に見ながら講習会の質疑応答が続きます。そして話は育成年代の選手の育成環境について移っていきました。

バスク料理を堪能Comida menu

スペインに、しかもバスクに来て食事を堪能しないわけにはいけません。この地方は料理が本当に美味しいです。一皿目、二皿目を選び最後にデザートを選びます。ワイン一本とお水がついて来るのもびっくりですね。お昼からこちらの人はこの後仕事があります。食事中もやっぱり話はフットボールの話へ。これが指導者合宿です。

日本人が海外で監督をすることについて考えるatsushiokazakienaskartza

フッボラ岡崎が監督を務めるチームのトレーニングを見学しロッカールームで行われるミーティングにも参加しました。これまでスペインで小中高社会人と7つの異なったロッカールームを監督として率いてきた岡崎。日本人が欧州でその現地の人間達を率いるとはどういう事なのか?同じ日本に生まれ日本の文化で育ってきた実際にスペイン人達を率いることでしか見えてこない日本とスペインの違いについて考察します。改めて文化の違い、習慣の違い、考え方の違いが如何に指導現場に影響するのかについて考えさせられます。

サンマメス 〜世界で最もインテンシティの高いスタジアム〜Spain Soccer Europa League

練習見学後はアスレチック・ビルバオがヨーロッパリーグを観戦に行きました。相手はオランダのAZ。アスレチック・ビルバオのスタジアム「サンマメス」は世界で最もインテンシティの高いサッカースタジアムの一つだと言われています。事実スペインリーグで初めてプレーしたり監督をしたりする人間の多くは、アウェーチームとして一番訪れたいスタジアムはと尋ねられるとこのサンマメスを選びます。そのくらいこのスタジアムは特別な空気に包まれています。バスク人の気質に強烈なスタジアムの空気が化学反応を起こします。殆どの人は決してサッカーが好きだからという理由でスタジアムに足を運んでいません。そんな光景を肌で感じながら改めてフットボールの偉大を痛感します。サッカーとは何のか?これはもうスポーツという言葉で形容するにはあまりにも大きな存在になり過ぎています。あとスタジアム観戦でお馴染みのボカディージョ(フランスパンで色んな具材を挟んだもの)タイム。スタジアム中がハーフタイムになるとみんな同じものを食べるんです。そしてこれがまた旨い。

今回はある日の一例を紹介してみました。トップレベルの試合を生で観戦する。育成年代の試合を生で観戦する。様々なクラブとトレーニングを見る。同志であるメンバーと共にフットボールの話に明け暮れる。スペインの自然や風景を見る。美味しい食事に触れる。期間間中、それはもう物凄くたくさんの刺激がみなさんを待っています。こんな日が10日間続く合宿に参加してみませんか?

〈開催時期〉

⚽️11/18(金)-11/28(月)
⚽️12/2(金)-12/12(月)
⚽️1/6(金)-1/16(月)
⚽️2/10(金)-2/20(月) or 2/17(金)-2/27(月)
⚽️3/3(金)-3/13(月) or 3/10(金)-3/20(月)

〈お問い合わせ〉

フッボラ指導者合宿事務局:info@futbola.es

Comments