jfaacademyenlezama

16-17活動報告 チーム遠征

フッボラでは今季もスペインバスク遠征を企画・アテンドさせていただきました。来ていただいたのは、サンフレッチェ広島U18そしてJFAアカデミー福島女子U18の皆さんでした!

スペインバスクってどんなところ?mapadelfutbolvascoderbivascoenjuvenilリーガエスパニョーラ最も多くのチームを送り込んでいる地域が今回の滞在先スペインバスク地方です。ここには昨季Aビルバオ、Rソシエダ、SDエイバル、CAオサスナ、Dアラベスと5つの1部リーグを舞台にするチームが存在し、国内でも最もサッカーが盛んなエリアの一つと言われています。本遠征で滞在するビスカヤ県(人口115万人)に人口芝のサッカー場が100面以上存在することからもそのサッカー熱の強さが伺えます。またバスク地方は世界で最も選手育成に定評のある地域でもあります。中でもAビルバオとRソシエダはトップチームの80%以上が自らの下部組織出身の選手で構成されていることから、サッカー界の自給自足例の代表として知られています。

現地チームとの対戦hiroshimaenlezamajfaacademyenzubietahiroshimaensarrienajfaacademyenvitoria3IMG_2112DBT9oFrV0AAgCGPIMG_2110jfaacademyenlezama2遠征では現地同世代の選手達と試合を行いました。これらの対戦を通じて日頃経験することのないプレーを肌で感じました。また実際に対戦相手のサッカー場を訪問することで日本では経験することのできないアウェーの空気を感じながらプレーをすることができました。試合後には対戦したチームとコミュニケーションをとることができる機会にも恵まれ、選手達にとって競技面そして文化面で共に大きな刺激を受ける機会となりました。

リーガエスパニョーラ スタジアム観戦Football Soccer -  Eibar v Barcelonahiroshimaenanoetajfaacademyensanamesvisitasanmames2実際にスタジアムでリーガ1部の試合を観戦しました。本場の技術や判断、インテンシティーはテレビを通じては感じることができません。試合観戦を通じて特にエイバルのホームスタジアムIpuruaはヨーロッパで最も小さいスタジアムと言われていて、ピッチがスタンドから物凄く近い距離にあります。世界のトップレベルのプレーを肌で感じることができました。競技面以外にも、市民に深く根付いたサッカー文化も肌で感じることができます。アスレチックビルバオのスタジアムSanMamesの雰囲気は日本では味わえない重厚で歴史を感じる雰囲気です。スペインのサッカー観戦のスタイルは日本のそれとは少し違います。皆、応援をするために歌を歌ったり飛び跳ねたりすることはありません。皆、試合を観るためにスタジアムに足を運ぶようでお客さん全員が監督のようです。あともう一つはやじがすごいです笑。言いたいことをみんな言っています。競技面そして文化面共に大きな刺激を受ける機会になりました。

リーガエスパニョーラ トレーニング見学entrenamientoatxabalpe1entrenamientoatxabalpe2jfaacademyenatxbalpecontakaエイバルトップチームの練習場を訪問し練習を見学しました。彼らのトレーニングに対する姿勢やその強度の高さを肌で感じることができました。そしてその中で戦う日本人の乾選手の姿を見れたことは何よりも大きな刺激になりました。

観光donostihiroshimaendonostijfaacademyenbilbaopuentecologantejfaacademyenpuentecologanteSimonFukushima現地の文化・食事に触れることも選手達が見聞を広める上で大事なことです。ビルバオ、サンセバスチャンといった主要なバスクの街を訪問し、日本では見たことがないものを沢山目にして口にしました。2016年欧州文化都市に選出されたサンセバスチャンは海も山もあって食事が美味しくて素晴らしい町でした!

 

是非皆さんもスペインバスクにいらしてください!

お問い合わせ先 フッボラチーム遠征事務局:info@futbola.es

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments