MODELOENTRENADOR

指導者の差が選手の学びの差となって現れる 〜Aビルバオ・マリア〜

これだけフットボールがプレッシャーにさらされる場所になった今日、育成年代の指導者に求められる役割とは一旦何なのでしょうか?我々指導者の間で差ができるとすればどんなことがきっかけなのでしょうか。私たちを区別することができる大事な要素は沢山あります。しかしそれらに共通することは、学び続けたいという意欲、何かを知りたいという好奇心、今の場所に安住しないという飽くなき冒険心でしょう。どれだけフットボールが見えるか、選手との関係をどれだけ構築できるか、トレーニングをいかに良いものにできるか、如何に選手の中から学びが発生するためのメッセージを送ることができるか、これらはと特に大事になってくるものですね。自分が実施したトレーニングメニューで何を選手が学ぶことができているか知っていますか?自分たちの仕事が良いものかどうかどのように評価することができるでしょうか。そこに試合のスコア以外の要素は絡んできていますか?選手と話をする時、どんな内容の話をしていますか?今回のビデオではアスレチック・ビルバオのコーチングスタッフの中で長い間サッカー選手の育成について考察し現場経験を積んできた指導者と、まだ同クラブに入ってきて間もない指導者との違いを見ていきます。これらの指導者の違いは鏡にように選手が学ぶ内容として写し出されます。

ビデオへはこちらから↓

——————————————————————

題目:学びが生まれる場所

〜アスレチック・ビルバオをモデルケースに〜 (前編)

講師:マリア・ルイス デ オニャ

アスレチック・ビルバオ才能開発部門ディレクター

——————————————————————

Comments