Etxarrienlacharla

【報告】フッボラ講習会 2015

この夏フッボラはスペインバスクから日本へ出張し二種類の指導者講習会を開催しました。一つはスペインの戦術の先生ミケル・エチャリ(レアル・ソシエダ)氏によるもの。もう一つはスペインバスクで監督をする唯一の日本人指導者岡崎篤(フッボラ/UEFAプロ)によるものでした。両講習会とも関西・関東にて行われ、沢山の方々に足を運んでいただき大盛況に終わりました。参加して下さった皆さま、ありがとうございました!

《ミケル・エチャリ》フットボールにおけるポジションバランスの重要性

charlaenosaka

ミケル・エチャリ氏による講習会では「ポジションバランスの重要性」がテーマとして扱われました。50年以上に渡る自身の指導者人生の中でエチャリ氏はサッカーゲームを有利に進める為に必要な普遍的な知識をミケル・エチャリの100の言葉というカタチでまとめています。今回の講習会ではそんな言葉達の中からポジションバランスというテーマに沿ったものを取り上げそれぞれの内容を具体的に考察していきました。「サッカーとは決して点を取るスポーツではなく、点を取られないで点を取るスポーツである。そのためにはチームが常にポジションバランスを獲得しながらプレーしていることが重要である。」とはエチャリ氏の言葉。本講習会の内容はサッカークリニック11月号に掲載される予定です。また講習会の内容とは別にエチャリ氏が来日中に行われたインタビュー内容が同誌10月号に掲載されています。そちらも合わせてご覧になってください。

協賛:TフジタSC枚方、柏レイソル、プールボランティア

 

《岡崎篤》指導者に求められる2つのチカラ 〜勝たせると育てる〜 

charlaaatsushiokazakienosaka

フッボラ岡崎篤による講習会では「指導者に求められる2つのチカラ 〜勝たせると育てる〜」という内容で講義が行われました。世界においてサッカー選手の教育水準が最も高いと言われるスペインバスク(関連記事)。そんなスペインバスクで小学生・中学生・高校生・社会人と全ての年代で第一監督を務め、同国指導者ライセンスUEFAプロを所有する岡崎篤。彼がこれまで指導現場で学んできたこと、現地の文献をそして各プロクラブのサッカー関係者へのインタビューから検証したことを元に、岡崎独自の持論を展開します。チームを勝たせる為に我々指導者ができることは何なのか。そして育成年代の選手が上達していく為にわれわれ指導者は何を彼らに提供できるのか。育成年代に蔓延るプレーモデル至上主義が招く弊害とは?サッカー指導者にとって必要な能力を定義しわかりやすく説明していく、言うなればサッカー指導者概論。そんなフッボラ岡崎篤へのインタビューもサッカークリニック11月号に掲載されます。エチャリ氏の記事と合わせてご覧になってください。

Comments