anderherrera1

ミケル・エチャリの100の言葉 NO.59

「壁パスでの幅と深み」
サイドで数的有利の状況があった場合に壁パスを使って相手を攻略したいとしましょう。壁役になる後方の選手はボールを持つ前方の選手に対してどのようにサポートするべきか。そこで大事なことは急いでボール保持者に近づいていくことではありません。深みと幅を作ることです。それは相手ディフェンダーによるインターセプトやプレッシャーを回避するためだけではなく、壁パスのアングルを広げるためでもあります。

Comments