aprendizaje

Aビルバオ下部組織の“学び” 〜マリア・ルイス デ オニャ〜

私達は週末どう戦うか考えます。メンバーを選びます。戦術について考えたり、相手を分析したり、その為に必要なテクニックについて考えたりします。練習の日はトレーニングメニューについて深く考察します。

この手の分析は我々指導者の間では日常茶飯なことですね。そして私達はそんな事を考えるのが大好きです。しかしそれらを選手達がどのように吸収していくかについてどれくらい頭を捻っているでしょうか?指導者の言う通りにプレーすることでその場をやり過ごす選手達。言われたことをただ一生懸命行って汗をかいて帰宅していく選手達。そして皆「今日は良い練習だった!」と言うのです。

日々選手との対話する時間をどれくらい取っていますか?そもそもそれは大事なことだと思いますか?学びというのはどこでどのように発生するのでしょう?学ぶことを知っている選手とそうではない選手では具体的にどんな違いがあるのでしょうか?

今回のビデオでは学びの専門家であるマリアがアスレチック・ビルバオ下部組織の選手達をどう育成しているか紹介しています。

ビデオへはこちらから↓

—————————————————————————————————–

題目:学びが生まれる場所 〜アスレチック・ビルバオをモデルケースに〜 (前編)

講師:マリア・ルイス デ オニャ アスレチック・ビルバオ才能開発部門ディレクター

—————————————————————————————————–

Comments